日産 デイズ モデルチェンジ推移2014年7月3日

日産ニュースリリースより

-------------

 

「日産デイズ」の一部仕様を向上
―あわせて「ライダー」、「アンシャンテ」の一部仕様を向上―

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「日産デイズ」の一部仕様を向上し、7月3日より全国一斉に発売すると発表しました。

 

「日産デイズ」は、躍動感溢れるエクステリアと上質なインテリアに加え、アラウンドビューモニターやタッチパネル式オートエアコンを採用するなど、軽自動車としての今までにない快適性と利便性が、お客さまから大変好評を得ています。さらに紫外線を99%カットするフロントドアのスーパーUVカット断熱グリーンガラスや、エマージェンシーストップシグナル、コンフォートフラッシャー、電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)など、快適装備も充実しています。


今回の一部仕様向上では、2WDの「S」、「X」、「ハイウェイスターX」、「ハイウェイスターG」に、「日産デイズ ルークス」にも搭載しているバッテリーアシストシステムを採用しました。このシステムは、減速時にオルタネーターで発電した電力をニッケル水素電池に充電し、オーディオやナビなどの電装品に使用します。ガソリンを消費するオルタネーターの発電頻度を下げることで、ガソリン消費量を抑えることが可能となり、燃費向上に寄与。これにより、「日産デイズ」は、軽ハイトワゴンナンバー1の低燃費30.0km/L(JC08モード)*1を実現しました。

 

また、吸気ダクトレイアウト変更による吸気の低温化やトランスミッションのギア比変更等により、加速性能を向上しました。

さらに、ボディカラーを一部見直し、新たに追加した3色を含む全10色の設定としました。女性らしく華やかで鮮やかなソリッド調のアゼリアピンク、ハイライトにゴールドの粒子がキラキラ輝き、プレミアム感と大人っぽさを表現したモカブラウン、洗練された女性のしなやかさと明るさをイメージし、ハイライトにほんのりとピンクが浮かび上がる優しくエレガントなピンクゴールド。これら3色の追加により、お客さまの選択の幅を広げるボディカラーラインナップを取り揃えました。

 

なお、今回の一部仕様向上で、「J」、「S」、「X」のアンテナを変更し、全グレードのアンテナがルーフアンテナとなります。

「日産デイズ」の「ハイウェイスターG ターボ」を除く全グレードは、「環境対応車普及促進税制」の減税措置により、自動車取得税と自動車重量税が免税*2となります。

 

「日産デイズ ルークス」を含む、日産デイズシリーズの累計販売台数は、6月現在で170,000台以上に達しています。
これは10年以上にわたる日産の軽自動車史上、ナンバーワンの販売ペースであり、順調に推移しています。

 

日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」*3を二本柱とした、CO2排出量の削減に取り組んでいます。「日産デイズ」も「PURE DRIVE」の1モデルとなります。

日産デイズシリーズは、日産自動車株式会社と三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、社長:相川 哲郎)との合弁会社である株式会社NMKV(本社:東京都港区、社長:遠藤 淳一)を通して、商品企画・開発を行っています。


 

・価格(消費税込み)

 

1,098,360-1,612,440円

 

 

 

 

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、「日産デイズ」の一部仕様向上に合わせ、カスタムカー「ライダー」や、ライフケアビークル(LV)*1「アンシャンテ」など、ラインナップの一部仕様を向上すると発表しました。新たに「ライダー ブラックライン」も設定し、日産の販売会社を通じて7月3日より全国一斉に発売します。

 

今回の一部仕様向上では、ベース車と同様、「ライダー」、「ライフケアビークル(LV)」シリーズの一部グレードに「日産デイズ ルークス」にも搭載しているバッテリーアシストシステムを採用し、燃費性能の向上を図りました。また、加速性能を向上したほか、「ライフケアビークル(LV)」シリーズにおいて、ボディカラーに新たに3色を追加したほか、「J」、「S」、「X」ベースのモデルではアンテナをルーフアンテナに変更しました。

 

<日産デイズ「ライダー ブラックライン」車両概要>
日産デイズ「ライダー」は、軽自動車とは思えないほどの迫力や、存在感のあるスタイルが好評を得ているカスタムカーです。今回発売する「ライダーブラックライン」は、「ライダー」をベースにさらに個性を強めた特別仕様車です。ダーククロムのフロントグリルやバックドアモールなどを採用したほか、お客さまから人気の高い専用LEDデイタイムランニングライトを標準装備としました。「ライダー」の魅力をさらに高めながら、価格は据え置きとしています。


「ライダー ブラックライン」シリーズは本モデルのほか、同じく7月3日に発表した「日産デイズ ルークス」、さらに、「エルグランド」、「セレナ」、「キューブ」、「ノート」計6車種のラインアップとなりました。


仕様 ライダー ブラックライン
ベース車 ハイウェイスターJ(2WD)、ハイウェイスターX(2WD/4WD)、
ハイウェイスターGターボ(2WD/4WD)
ブラックライン
特別装備
  • 専用ダーククロムフロントグリル
  • 専用フロントバンパー(ダークメタリックペイント、ダークモール付)
  • 専用LEDデイタイムランニングライト*1
  • 専用ダーククロムバックドアモール
  • 専用ダークエンブレム(Rider/AUTECH)
  • *1 「ライダー」のオプションと同一品を標準装備
  ライダー特別装備
  • 専用フロントグリル*2
  • 専用フロントバンパー(光輝モール付)*2
  • 専用バックドアモール*2
  • 専用エンブレム(Rider/AUTECH)*2
  • 専用15インチアルミホイール&165/55R15タイヤ
  • 専用クロムメッキフィニッシャー(センタークラスターサイド)
  • 専用シート地(ジャカード織物)
  • 専用ドアトリム 他
<オーテック扱いオプション>
  • 専用LEDデイタイムランニングライト
*2 「ライダー ブラックライン」では専用品に置き換わります。
ボディカラー ホワイトパール(3P)<#SLN・特別塗装色>
ブラック(P)<#CAN>
(3P)は3コートパール、(P)の略。
※内装色はエボニー<G>

 

<日産デイズ「アンシャンテ」車両概要>
乗り降りをサポートする機構を備えた、以下の2タイプを、設定しています。

 

●アンシャンテ 助手席スライドアップシート(昇降シート車)
助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易な車両です。「デイズ」の広く快適な室内空間とゆとりのあるドア開口高で、背の高い方でも頭上を気にせず安心して乗り降りが可能です。

 

●アンシャンテ 助手席回転シート(回転シート車)
簡単な手動操作で助手席を車両の外側に回転することで、車への乗り降りが容易な車両です。乗り降りの際にかがんだり体をひねる等の負担が軽減され、お年寄りや和服をお召しの方にも便利です。

<日産デイズ「アシストグリップ付車」車両概要>
より便利なアシストグリップを助手席用に装着し、乗降時の利便性の向上や乗車中の姿勢保持のしやすさを実現する以下の2タイプを設定しています。

 

●アシストグリップ付車 乗降グリップ
助手席側Aピラーにグリップを追加した車両です。乗降時の利便性を向上させました。体を支えながら助手席の乗り降りをすることが可能です。

 

●アシストグリップ付車 つり革グリップ
助手席左上の通常のグリップの場所に、輪形状になったグリップを装着した車両です。グリップを握るだけでなく手を通すことでも、乗車中の姿勢保持が可能です。

 

<日産デイズ「運転席マイティグリップ」車両概要>
日産デイズ「運転席マイティグリップ」は、耐荷重を高めた運転席乗降用グリップを装着した車両です。運転席右手頭上に装着される「運転席マイティグリップ」は、成人男性がぶら下がることが可能な強度とするために、耐荷重を100kgとしました。車いすから運転席への移乗の際にグリップに全体重を掛ける必要のある方や、腰や膝の痛みなどで乗り降りに不便を感じ、グリップに体重を掛けてしっかりとつかまって乗り降りしたい方に向けたアイテムです。

 

なお、後席での乗り降りや乗車中に使用できるグリップも、オプションとして設定しています。

日産デイズ「ライダー」シリーズの自然吸気エンジン搭載車と、「アンシャンテ」、「アシストグリップ付車」、「運転席マイティグリップ」装着車の全車は、環境対応車普及促進税制により、ベース車と同様に自動車取得税及び自動車重量税が免税*2となります。


 

・価格(消費税込み)

 

ライダー

1,416,960-1,774,440円

 

アンシャンテ

1,184,760-2,017,440円

 


PR

PAGE TOP

copyright©2013-2018 日産 デイズを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com