デイズTOPデイズ評価>デイズの運転

デイズは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

デイズは運転しやすい?難しい?

 

デイズは車体の小さい軽自動車ですし、かつ売れている車なので、運転がしやすいというイメージを持っている方も多いことでしょう。

 

しかし、売れている軽自動車が全て運転しやすいわけはないので、事前のリサーチは欠かせません。

 

ここでは、デイズは運転しやすいのか難しいのかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は是非とも参考にしてみてください。

 

 

 

 

デイズの大きさは?ボディサイズをチェック

 

まず初めに、デイズの売れ筋グレード「X」のボディサイズをチェックしてみましょう。

 

【デイズ X】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,620mm

 

全長・全幅は軽自動車規格いっぱいのサイズで、全高は軽ハイトワゴンの標準的な高さとなっています。

 

軽ハッチバック車から乗り換えるケースもあると思いますので、ここでアルトと大きさを比較してみましょう。

 

スズキ アルト
※アルト 出典suzuki.co.jp

 

【アルト L】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,475mm

 

全長・全幅は同じですが、全高はデイズの方が15cmほど高いディメンションです。

 

アイポイントもデイズの方が高いので、同じ軽自動車とはいえ運転感覚はやや異なったものとなります。

 


デイズの小回りは効くか?デイズの最小回転半径

 

次に、デイズの小回り性を検証してみましょう。

 

デイズ Xの最小回転半径4.4mで、アルトの4.2mより20cm大きい数値です。

 

アルトでは気にならなかった場面でも、デイズでは切り返しが必要になる場面が出るかもしれません。

 

それでも、例えばコンパクトカーのノート(最小回転半径4.7~5.2m)と比べると圧倒的に小回りが効きますし、取り回しで大きな不便を感じるケースは少ないはずです。

 

ただし、15インチタイヤを履くハイウェイスターシリーズを選ぶと最小回転半径が4.7mに拡大されるので、いまひとつ小回りが効かない印象になります。

 


デイズは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

 

デイズの車両感覚&運転感覚

 

 

デイズのフロントの見切りは普通

 

デイズのフロントの見切りは普通
※デイズ 出典nissan.co.jp

 

デイズはボンネットがスラントしたデザインなので、運転席からその先端部は見えません。

 

しかし、ボンネット自体が短いので、慣れてしまえば鼻先を壁などの近くまで寄せることも可能です。

 

一方、斜め前方視界という点では、外から見た印象よりもAピラー(フロントピラー)や三角窓のピラーが太いので、意外と死角が多くなっています。

 

交差点で右左折する際は、歩行者を見落とさないよう十分注意が必要です。

 


〇 デイズの車幅の感覚は掴みやすい?

 

運転席からボンネットの先端が見えると車幅の感覚が掴みやすくなりますが、デイズはその点で不利です。

 

しかし、ボンネットに次いで車幅感覚の目安となるAピラーの間隔が狭いため、左右が同時に視野に収まります。

 

そもそもが全幅の狭い軽自動車であることや、アイポイントが高いこととあいいまって、車体を路肩いっぱいに寄せることも難しくないでしょう。

 


デイズの後方視界は良好

 

デイズの後方視界は合格点!
※デイズ 出典nissan.co.jp

 

デイズはリアウィンドウの面積が十分大きいので、後方視界は良好です。

 

斜め後方の視界に関しては、リアクォーターウィンドウこそ小さいもののDピラー(リアーピラー)が細いので、及第点を与えて良いでしょう。

 

ただ、アルトなどのハッチバック車と比べると各ウィンドウの下端部の位置が高く、車両直近の障害物が発見しにくいことが欠点となっています。

 

車を発進させる前に、近くに子供がいないかどうかを確認したいところです。

 


〇 デイズの駐車にはコツがある?

 

デイズは視界が比較的優れていますし、もとより車体の小さい軽自動車なので、駐車は特に難しいものではありません。

 

ただ、水平基調のベルトラインと大きなガラスエリアを持つデイズルークスと比較すると、バックでの駐車は少しやりづらいといえるでしょう。

 

また、後ろにいくほど高くなっているベルトラインは、白線の枠内に真っ直ぐ駐車したい場合に感覚的にデメリットになります。

 

斜めに駐車してはカッコ悪いと思うなら、窓から顔を出して直接白線を確認した方が良いでしょう。

 


デイズの運転で役立つアイテム

 

J/Sならバックビューモニター

 

廉価グレードのJとSには、車両を上から俯瞰した映像をルームミラー内に表示し、駐車をサポートする「アラウンドビューモニター」が装備されません。

 

しかし、J/Sでも日産オリジナルナビまたはディスプレイ付ラジオ装着車なら、駐車をサポートするアイテム「バックビューモニター」がディーラーオプション設定されているので、それを付けると良いでしょう。

 

デイズのバックビューモニター
※デイズ 出典nissan.co.jp

 

このアイテムは、バックカメラで捉えた車両後方の映像と目安線をナビ画面またはディスプレイ画面に表示し、バックでの駐車をサポートするものです。

 

アラウンドビューモニターと異なり、上から俯瞰した映像は表示できないものの、画面が大きい分むしろ使いやすいともいえます。

 

価格は36,000円~です。値引きは可能なので、デイズ購入時にディーラーオプションの値引き交渉もするといいでしょう。

 


リバース連動下向きドアミラー

 

駐車時に助手席側の白線枠を確認したい時や、路肩ギリギリに寄せて停めたい時などは、助手席側のドアミラーを下向きにすると運転操作が容易になります。

 

しかし、その都度いちいち助手席側のドアミラーを調整し、駐車後に元に戻す手間は意外と面倒なものです。

 

リバース連動下向きドアミラー
※デイズ 出典nissan.co.jp

 

そんな手間を省けるアイテムとして、ディーラーオプションで「リバース連動下向きドアミラー」が用意されているので、それを装着すると良いでしょう。

 

シフトポジションをリバースに入れると自動で助手席側ドアミラーが下向きになり、リバースを解除すると元に位置に戻るので、大変便利です。

 

価格も20,366円と、お手頃になっています。

 


デイズの運転のしやすさまとめ

 

デイズはフロントの見切り、車幅の感覚の掴みやすさ、後方視界などの点で及第点を与えられます。

 

飛び切り運転がしやすいとまではいきませんが、運転に自信のない女性ドライバーでも問題なく乗りこなせるはずです。

 

もし駐車に苦手意識があるなら、ここで紹介したアイテムを装着すると良いでしょう。


 

下取り車があるならデイズの総支払額を下げられる

 

デイズを安く買うなら値引きをしてもらう事ですが、もし下取り車があれば、新車の値引き以上にデイズの購入金額を下げる事が可能です。

 

やり方はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額にダマされるな!?

 

新車を買うなら、ディーラーで下取り車を査定してもらうでしょう。

 

ここで注意してもらいたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ低く見積もるかと言うと、下取り車を安い金額でディーラーが取れれば、新車から値引きしても下取り車の利益で値引き分を補てん出来てしまいます。

 

また、後々下取り金額を上乗せして、「○○万円もアップしたのでお得ですよ。是非契約してください!」と新車契約を取るためのセールストークに使う事も出来ます。

 

以上のように、ディーラーには多大なメリットが生まれるわけですね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

実はディーラーの下取り金額は簡単に上げる事が可能です。

 

管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前、フィットシャトルを新車に買い替えた時に、査定してもらったディーラーの下取り金額は76万円でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近所の買取店へ持ち込んでも良いですが、買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の買取相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

表示された買取相場は、なんとディーラーよりも20万円高い金額でした。

 

次回ディーラーを訪れた時に、早速「買取店では96万円と言われましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

すると、「では特別に買取店さんと同じ96万円にします」とディーラーも金額を合わせてきました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで、20万円の上乗せに成功したので、やはりディーラーは下取り金額を低く見積もっているんだなと思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択も

 

20万円のアップに成功しましたが、査定サイトで申し込んだ買取店の査定も受けてみました。

 

正直期待していませんでしたが、ビックリの結果が待っていました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの下取り金額をさらに12万円上回る108万円で買取ってもらいました。

 

もし、ディーラーの言う通りに最初の76万円で決めていたら、32万円も損していたかもしれません。買取店にも査定してもらって正解でしたね・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

自分の車の相場を調べたり、ディーラーの下取り金額と比較するにも便利なサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

デイズの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのデイズ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がデイズを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のデイズの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>デイズ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2013-2018 日産 デイズを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com