デイズTOPデイズ評価>デイズ人気オプション

デイズでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!


※デイズ:nissan.co.jp

 

日産自動車が初めて企画から関わった軽乗用車で、室内の広さや使い易さ、スタイリングの良さなどからベストセラーとなっている「デイズ」で人気のオプションとナビを評価します。

 

メーカーオプションの種類は限られる一方で、ディーラーオプションはエクステリア&インテリア関係や安全装備・快適装備、ナビなど様々なものが用意されています。

 


デイズのおすすめメーカーオプションは?

 

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

 

〇本革巻ステアリング+ドアトリムクロス+シート地 ネオソフィール/スエード調クロス(プレミアムコンビネーションインテリア)

 

 

最上級グレード「ハイウェイスターGターボ」のみに用意されるオプションで、標準仕様のインテリアのカラーはエボニーなので暗い雰囲気がありますが、このオプションを選ぶとシート表皮が明るいアイボリーになります。

 

それだけなら単なる好みの問題になりますが、おススメのポイントは本革巻ステアリングが付く点にあります。

 

標準のウレタンステアリングと比較すると、見た目の上質感に加え、手汗をかいても滑りにくい、夏は熱くなりにくく冬は冷たくなりにくい、といった特徴があります。

 

ステアリングは車とのインターフェースに関わる重要なパーツなので、こうした点は大きなメリットになります。

 

価格は32,400円と高くないので、アイボリー系のインテリアに抵抗がないならおススメです。

 


ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・

 

〇安全装備のレスオプションは選んではいけない

 

 

デイズには、全車に衝突被害軽減ブレーキーの「エマージェンシーブレーキ」、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」、車両の横滑りを防止する「VDC」、坂道発進時の後ずさりを防ぐ「ヒルスタートアシスト」、ドライバーが急ブレーキを掛けた時に自動でブレーキ力を強める「ブレーキアシスト」、コーナリング時のロールを軽減する「フロントスタビライザー」が標準装備されます。

 

しかし、廉価グレードの「J」と「S」に限りそれらの装備が省かれるレスオプションの設定があり、それを選ぶと51,840円安くなります。

 

しかし、これらの装備がないと、例え運転に自信のある人でも事故が発生するリスクが高まってしまいます。

 

そして、接触事故を起こせば修理代に万単位のお金が飛んでしまいますし、任意保険の等級も下がってしまいます。

 

そうしたことを考慮すれば、クルマが安く買えるからといってレスオプションは選ぶべきではありません。

 


デイズのおすすめディーラーオプションは?


エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇プラスチックバイザー

 

フロントドアとリアドアの上部に装着するアクリル製のバイザーで、価格は18,412円です。

 

雨天時は窓を開けての換気が難しくなりますが、これがあれば窓を少し開けた程度なら雨が吹き込まないので、換気が可能となります。

 

一方、高速走行時の風切り音が増加するデメリットもありますが、軽自動車は街乗りがメインになるでしょうから、大きな問題とはならないはずです。

 


〇クロームドアミラーカバー+クロームドアハンドルフィニッシャー

 

 

クローム仕上げのドアミラーカバーとドアハンドルで、ともにエクテリアにアクセントが欲しい場合に好適なアクセサリーパーツです。

 

価格は前者が18,412円、後者が10,389円で、両方付けても3万円以下で済むので一緒に装着したいところです。

 


インテリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇フロアカーペット(スタンダード)

 

フロアが直接汚れるのを防止するとともに、インテリアの雰囲気を高めるフロアカーペットは必須のアイテムといえます。

 

デイズには3種類のカーペットがオプション設定されていますが、当サイトのおススメは飽きのこないグレーのカラーで、それほど有用とはいえない消臭機能が付かない表記のタイプです。

 

価格は、3種類の中で最も安価な16,766円となっています。

 


〇シートコンソール(フロントシートクッション置き/ベルト固定)

 

 

小銭やカード、サングラスなどの小物は、意外と置き場に困るものですが、そんな場合に重宝するのが運転席横に取り付けるシートコンソールです。

 

着脱式なので、もし邪魔な場合は簡単に取り外せるのも良い点です。

 

色はアイボリーとブラックがあり、価格はいずれも11,600円となっています。

 


快適装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇リバース連動下向きドアミラー

 

 

シフトレバーを「R」に入れると、助手席側のドアミラー鏡面が自動で下向きになり、Rを解錠すると元の位置に戻る装備です。

 

これを付けると、駐車枠の白線が見易くなるほか、後輪付近の障害物を発見しやすくなるメリットがあります。

 

価格も20,366円と高くないので、特に駐車が得意でない方は装着をおススメします。

 


安全装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇親水鏡面ドアミラー

 

 

雨天時は、ドアミラー鏡面に付着する雨滴による視界不良に悩まされるものです。

 

しかし、オプションで用意される親水ドアミラーを付ければ、雨滴を馴染ませることで視界を確保してくれるので安全性が高まります。

 

価格は15,017円で、ケミカルの親水コート剤と比べると遥かに高価ですが、ランニングコストや塗布する手間が不要であることを考えれば、むしろリーズナブルと言えるでしょう。

 


ナビのおすすめディーラーオプションは?

 

〇シンプルナビ(MJ117D-W)

 

 

デイズには、ディーラーオプションとして「シンプルナビ(MJ117D-W)」(126,442~128,604円)、「ベーシックナビ(MM317D-W)」(170,587~173,000円)、「プレミアムナビ(MM517D-W)」(225,579~228,000円)の3種類のナビが用意されています。

 

これらの中で当サイトがおススメしたいのは、最も安価なシンプルナビです。

 

この機種には上級の2機種に付く通信機能「NissanConnect」が付かないので、渋滞を予測した最短ルート案内や、オペレーターとの通話による情報収集といった恩恵に預かることができません。

 

しかし、VICS WIDEには対応しているので、VICSセンターから受け取った渋滞情報を反映したルート検索をすることは可能です。

 

また、操作性の面では音声入力機能こそ持たないものの、スマホ感覚での操作が可能であるなど、大きな不満のないものとなっています。

 

さらに、上級機種同様にスマホで検索した目的地をナビに転送できるNaviCon連携機能も備わっています。

 

勿論、性能・機能面で上を見ればキリがありませんが、買い物などの街乗り用途がメインとなるであろう軽自動車の場合、このシンプルナビで必要十分ではないでしょうか。

 

当然、購入費用をなるべく抑えたい軽自動車の場合、価格の安さも大きなメリットになります。

 


ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

 

〇フロアコンソールトレイは足元が狭くなる

 

 

オプションで用意されるフロアコンソールトレイは、「インテリアのおすすめディーラーオプションは?」で取り上げたシートコンソールよりも収容スペースが大きいので、一見魅力的なアイテムに感じられます。

 

しかし、これを装着すると足元スペースが狭くなってしまいます。

 

普通車ならば全幅が広いのでそれほど気になりませんが、デイズのような幅の狭い軽自動車の場合は無視出来ないデメリットになるので、おすすめできません。

 

 

下取り車があるならデイズの総支払額を下げられる

 

デイズを安く買うなら値引きをしてもらう事ですが、もし下取り車があれば、新車の値引き以上にデイズの購入金額を下げる事が可能です。

 

やり方はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額にダマされるな!?

 

新車を買うなら、ディーラーで下取り車を査定してもらうでしょう。

 

ここで注意してもらいたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ低く見積もるかと言うと、下取り車を安い金額でディーラーが取れれば、新車から値引きしても下取り車の利益で値引き分を補てん出来てしまいます。

 

また、後々下取り金額を上乗せして、「○○万円もアップしたのでお得ですよ。是非契約してください!」と新車契約を取るためのセールストークに使う事も出来ます。

 

以上のように、ディーラーには多大なメリットが生まれるわけですね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

実はディーラーの下取り金額は簡単に上げる事が可能です。

 

管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前、フィットシャトルを新車に買い替えた時に、査定してもらったディーラーの下取り金額は76万円でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近所の買取店へ持ち込んでも良いですが、買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の買取相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

表示された買取相場は、なんとディーラーよりも20万円高い金額でした。

 

次回ディーラーを訪れた時に、早速「買取店では96万円と言われましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

すると、「では特別に買取店さんと同じ96万円にします」とディーラーも金額を合わせてきました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで、20万円の上乗せに成功したので、やはりディーラーは下取り金額を低く見積もっているんだなと思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択も

 

20万円のアップに成功しましたが、査定サイトで申し込んだ買取店の査定も受けてみました。

 

正直期待していませんでしたが、ビックリの結果が待っていました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの下取り金額をさらに12万円上回る108万円で買取ってもらいました。

 

もし、ディーラーの言う通りに最初の76万円で決めていたら、32万円も損していたかもしれません。買取店にも査定してもらって正解でしたね・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

自分の車の相場を調べたり、ディーラーの下取り金額と比較するにも便利なサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

デイズの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのデイズ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がデイズを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のデイズの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>デイズ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2013-2018 日産 デイズを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com