デイズTOPデイズ評価>デイズ内装

デイズの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック


※デイズ:nissan.co.jp

 

日産から発売されている軽トールワゴンの『デイズ』


デイズは、アラウンドビューモニターやエマージェンシーブレーキなどの安全装備が充実しており、その安全性の高さから、非常に人気となっています。


では、安全性に優れているデイズの内装はどのようになっているのか、内装色や収納などを中心に詳しく見ていきましょう。

 


デイズの内装の質感は?

 

デイズの内装色

 

○ デイズ

 

 

ベーズグレードのデイズの内装色は「アイボリー」となっています。

 

J/S/Xのどのグレードを選んでも同じカラーになります。


画像のように、シートやドア部分インパネ周りなどにもアイボリーが使われ、車内が明るく見えます。

 

また、ステアリングもアイボリーとなっているので、明るく開放的な内装になっています。

 

所々に施されたブラックが内装全体を引き締め、単に明るいだけの内装にはなっていません。

 

 

○ デイズ ハイウェイスター

 

 

ややスポーティーな外観のハイウェイスターの内装色は「ブラック」で統一されています。

 

ベースグレードと比べて、スポーティーな印象を受けます。

 

ステアリングもブラックとなっており、引き締まった内装です。


内装色をブラックにすると狭く感じたり圧迫感などを感じてしまいますが、ドアトリムやシートに使用されたブラウンが良いアクセントとなり、おしゃれな内装に仕上がっています。

 

また、ルーフをライトグレーにすることで開放的な車内になるように工夫されているのもいいですね。


車内全体がブラックなので、アイボリーの内装色より汚れが目立ちにくく、長く乗ることができます。

 


デイズのシート表皮・デザイン

 

* デイズ

 

 

* デイズ ハイウェイスター

 

 

* X モカセレクション

 

 

* プレミアムセレクション

 

 

* ボレロ

 

 

* ライダー

 

 

○ デイズのシートは?

 

 

ベースグレードのデイズのシート表皮には、スエード調クロスが使用されています。

 

手触りの良いさらっとした触り心地です。

 

座面と背面の中央にはうっすら柄が入っており、主張しすぎず落ち着いたものとなっています。


ただ、アイボリーは汚れが目立ちやすく、こまめにメンテナンスをしなければなりません。

 

シート素材がスエード調なので、シミができやすいのが欠点ですね。

 

ある程度汚れがつきにくい加工がされていますが、食べこぼしなどには注意が必要です。

 

 

○ デイズ ハイウェイスターのシートは?

 

 

デイズ ハイウェイスターのシート表皮もベースグレードと同じように、スエード調クロスが使用されています。

 

デイズ ハイウェイスターのシートはブラックとダークブラウンのコンビネーションシートとなっており、座面と背面の中央部分には、縦縞の柄が施されています。

 

濃いカラーのシートになっているため、汚れなどの心配はないですね。

 

小さいお子さんがいる方には、汚れが目立ちにくいデイズ ハイウェイスターがオススメです。

 

 

○ X モカセレクションのシートは?

 

 

特別仕様車のモカセレクションのシートはライトブラウンとアイボリーのスエード調クロスが使用されています。

 

これまでのシートカラーにはない2トーンカラーとなっています。


アイボリーの内装色とマッチして非常に明るく、好印象です。

 

 

○ プレミアムセレクションのシートは?

 

 

プレミアムセレクションのシート表皮は、スエード調クロスとネオソフィールのコンビネーションシートとなっています。

 

ネオソフィールとは、合成皮革で本革に近い見た目と手触りが特徴で、耐久性も良いため、多くの車種に使われています。


画像では分かりにくいですが、非常に質感も良く高級感を感じます。

 

さすが特別仕様車といった印象を受けます。

 

 

○ ボレロのシートは?

 

 

特別仕様車のボレロのシート表皮には、レザー調の素材が使用されています。


シートの座面と背面部分がエンジとなっており、キルティング加工が施されています。


非常に滑らかな素材で、これまでのシートとは違った印象となっているため、車内の雰囲気も異なります。

 

シート素材だけでこれほど雰囲気が変わる車種は珍しいですね。

 

 

○ ライダーのシートは?

 

 

ライダーのシート表皮は、座面と背面に格子柄ニットが使用された専用シートとなっています。

 

サイド部分は無地のクロスが使用され、格子柄が良いアクセントとなっています。


どのグレードのシートも特徴的で、内装とも非常にマッチしていますね。

 

シート形状は全てのグレードで同じです。

 

座面に厚みがあり、座り心地もいいので長時間のドライブも問題ありません。

 

しかし、サイドサポートの張り出しが弱く、コーナーなどで体がフラついてしまう可能性があります。

 

背面のサイドサポートはありますが、座面部分はフラットになっているので、ホールド力は弱いですね。


ですが、サイドサポートの張り出しが弱いおかげで、車の乗り降りはとても楽にできます。

 

 

デイズのインパネ

 

○ ドアトリムクロス

 

 

デイズXには、シートと同じカラーと素材のドアトリムが施されています。

 

運転中に肘やドアの開け閉めの際に触れるので、このようなドアトリムクロスが施されていると快適です。

 

また、デイズ ハイウェイスターにもシートカラーと同じドアトリムクロスが施されています。

 

内装の雰囲気とマッチして好印象です。


ちなみに、デイズJ/Sには、ドア部分と同じ樹脂製のドアトリムとなっています。

 

 

○ エアコン

 

デイズJ/Sには、ダイヤルを回して温度や風量調節などをするマニュアルエアコンが装備されています。

 

操作が簡単で、直感的に出来るのでオートエアコンに比べて意図した風量や温度調節ができるのが特徴です。

 

 


それ以外のデイズX、デイズハイウェイスターにはオートエアコンが装備されています。


マニュアルエアコンと比べて、細かい温度設定ができますし、タッチパネルを採用しておりスッキリとしたデザインとなっています。

 

パネル部分も光沢のあるブラックになっているため、内装の質感もアップしていますね。


しかし、操作ボタンがタッチパネル式になっているため、ボタンの凹凸がなく操作しづらいという欠点があります。

 

目視しないと操作できないので、運転中に操作すると誤操作が多くなってしまいます。

 

運転席から少し離れた位置にもあるので、やや使い勝手が悪く感じます。

 

 

○ メッキ加飾

 


デイズXには、エアコン部分やシフトノブボタン、センタークラスターサイドなどにシルバー加飾が施されています。

 

このような装飾は、デイズJ/Sにはありません。

 

 


また、デイズハイウェイスターでは、インナードアハンドルやドアボタンサイドにメッキパーツが使用されており、さらに高級感が感じられます。

 

 

○ ステアリング

 


デイズにはウレタン素材のステアリングが使用され、デイズハイウェイスターには本革巻きステアリングが採用されています。


見た目の印象はそれほど違いはありませんが、ステアリングを握った感触は大きく異なります。


本革巻きステアリングは手馴染みがよく滑りにくいですが、ウレタン素材のステアリングは滑りやすく感じます。

 


デイズの収納・荷室の使い勝手は?

 

運転席側の収納

 

○ カップホルダー

 

 

運転席の右側にカップホルダーが装備されています。

 

このカップホルダーは格納式となっており、使用しない時はインパネ内部に収めることができます。

 

カップホルダーを格納することでスッキリとした見た目となり好印象ですね。


ただ、カップホルダー使用時にはウィンカーを出す際にやや干渉する場合があるのが残念ですね。

 

 

○ インストポケット

 

 

ステアリングの下に、折りたたみ傘や窓拭き用のタオルなどを収納することができるポケットが装備されています。

 

高さはあまりないですが、奥行きがしっかりあるので様々なものを収納できます。

 

また、外から見えにくい位置にポケットがあるので財布やカード類を置いても安心です。

 

 

○ インストセンターロアボックス

 

 

センターパネルの下に収納ボックスが装備されています。

 

スマホなどをさっとおいて置けるスペースで非常に重宝します。

 

ボックスもやや上を向いているので、走行中にこぼれ落ちてしまうことがないのもいいですね。

 

左横には電源も装備されていますので、スマホの充電などにも使えます。

 

 

○ フロントドアポケット

 

 

ドア部分にボトルホルダーと収納スペースがあります。

 

ボトルホルダーはペットボトルも収納できるように丸くデザインされており、ユーザーの意見がしっかりと取り入れられているのがわかります。

 

また、収納スペースと仕切られているので、水滴が流れてしまうこともないです。


非常に工夫された作りになっています。

 

 

○ 買い物フック

 

 

インストセンターロアボックスの上部に買い物フックが装備されています。


買い物袋やかばんなどをかけられるので、あると重宝するアイテムですね。

 

袋をかけてゴミ箱を作ることもできます。

 


助手席側の収納

○ インストアッパーボックス

 

 

助手席の前方にフタ付きのボックスがあります。


画像のようにボックスティッシュがすっぽりと入るほどの大きさです。

 

置き場所に困るボックスティッシュが収納できるのは嬉しいですね。

 

 

○ インストポケット

 

 

インストアッパーボックスのすぐ下に、小物をさっと置けるポケットがあります。


スマホや財布を手軽に置けるので、とても便利な装備ですね。

 

また、ポケットの手前が少し上がっているので、走行中に落下してしまうことがない工夫もされています。


非常に使い勝手のいい収納スペースです。

 

 

○ グローブボックス

 

 

インストポケットの下に定番のグローブボックスが装備されています。

 

車検証や取り扱い説明書の収納はもちろん、それ以外のものを収納できるほどの大きさです。


横幅もあるので、多くのものを収納することが可能です。

 

 

○ 助手席シートアンダーボックス

 


助手席のシートの下にボックスがあり、引き出すことによって使用することができます。


替え靴や汚れてしまったものなどを収納しておけるので、非常に重宝します。


小さいお子さんがいる方は、着替えなどを収納することができますから、便利なアイテムです。

 

また、ボックスは取り外しができ丸洗いできるのもいいですね。

 

 

○ カップホルダー


運転席と同様にカップホルダーが装備されています。


格納式になっているので、車の乗り降りの邪魔にならず好印象です。

 

 

○ フロントドアポケット


運転席と同じドアポケットが装備されています。

 

 

後部座席の収納

 

○ シートバックポケット

 

 

助手席のシートバックに雑誌などを収納することができるポケットがあります。

 

このポケットは画像のように浅く設計されており、あまり大きな雑誌は収納できません。

 

ですが、スマホなどを手軽に入れることができ便利です。


従来のシートバックポケットは、深さがあるためスマホを入れてしまうと、非常に取り出しにくく使い勝手悪く感じました。

 

デイズのシートバックポケットは、浅めに設計されている事が使い勝手の良さに繋がっています。

 

 

○ リアドアポケット

 

 

リアドアポケットには、ペットボトルがすっぽり入るデザインになっています。


非常に取り出しやすく、好印象です。

 

その横に小さなスペースがありますが、この部分の使い勝手はあまり良くないですね。

 


デイズの荷室のサイズは?どれぐらい積める?

 

デイズの荷室のサイズは、高さ950mm・幅1100mm・奥行き424mmとなっています。


奥行きが十分にあるので、後部座席を一番後ろまでスライドさせた状態でも買い物袋を3,4個積むことができます。

 

通常時でも使い勝手がいいですね。

 

 


また、後部座席を前方に170mmスライドさせることができ奥行きを594mmまで拡大することができます。

 

後部座席を使用して少し大きめの荷物も積むことができます。

 

小さいながらも非常に工夫された荷室になっています。

 

 

さらに後部座席を倒せば、長い荷物などものせられます。


後部座席は肩口にあるレバーを引くだけで簡単に倒れるので荷室側で操作でき、リアドアに回り込む必要がないので、使用したい時にすぐに使えるのがいいですね。

 

後部座席シートとの段差もなく、非常に使いやすいです。

 

しかし、床下収納がないので、洗車グッズや小物を収納できないのは残念ですね。

 


デイズの内装まとめ


デイズはベースグレードとハイウェイスターとで内装色が異なります。

 

また、特別仕様車も用意されており、それぞれシートカラーが違います。

 

デイズは内装のバリエーションが非常に豊富ですね。

 

好みのボディカラーと合わせることで統一感も出ますから、内装の質感や雰囲気をぜひ実車で確かめることをオススメします。


収納に関しては、非常に使い勝手が良く、収納の数も十分にあり好印象でした。

 

必要な場所に収納があるので、置き場所に困ることがないですね。

 

荷室も使い勝手や操作性も良く、十分な広さです。

 

 

下取り車があるならデイズの総支払額を下げられる

 

デイズを安く買うなら値引きをしてもらう事ですが、もし下取り車があれば、新車の値引き以上にデイズの購入金額を下げる事が可能です。

 

やり方はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額にダマされるな!?

 

新車を買うなら、ディーラーで下取り車を査定してもらうでしょう。

 

ここで注意してもらいたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ低く見積もるかと言うと、下取り車を安い金額でディーラーが取れれば、新車から値引きしても下取り車の利益で値引き分を補てん出来てしまいます。

 

また、後々下取り金額を上乗せして、「○○万円もアップしたのでお得ですよ。是非契約してください!」と新車契約を取るためのセールストークに使う事も出来ます。

 

以上のように、ディーラーには多大なメリットが生まれるわけですね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

実はディーラーの下取り金額は簡単に上げる事が可能です。

 

管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前、フィットシャトルを新車に買い替えた時に、査定してもらったディーラーの下取り金額は76万円でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近所の買取店へ持ち込んでも良いですが、買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の買取相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

表示された買取相場は、なんとディーラーよりも20万円高い金額でした。

 

次回ディーラーを訪れた時に、早速「買取店では96万円と言われましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

すると、「では特別に買取店さんと同じ96万円にします」とディーラーも金額を合わせてきました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで、20万円の上乗せに成功したので、やはりディーラーは下取り金額を低く見積もっているんだなと思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択も

 

20万円のアップに成功しましたが、査定サイトで申し込んだ買取店の査定も受けてみました。

 

正直期待していませんでしたが、ビックリの結果が待っていました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの下取り金額をさらに12万円上回る108万円で買取ってもらいました。

 

もし、ディーラーの言う通りに最初の76万円で決めていたら、32万円も損していたかもしれません。買取店にも査定してもらって正解でしたね・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

自分の車の相場を調べたり、ディーラーの下取り金額と比較するにも便利なサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

デイズの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのデイズ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がデイズを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のデイズの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>デイズ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2013-2018 日産 デイズを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com