デイズTOPデイズ評価>デイズ4WD性能

デイズの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

デイズ4WD 性能
※デイズ:nissan.co.jp

 

日産の軽トールワゴン「デイズ」は、居住性や実用性の高さに加え、全車にエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)や踏み間違い衝突防止アシストを採用するなど、安全性能の高さが魅力となっています。

 

そして、雪国に住むユーザーなどを対象として4WDモデルも設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底的に評価します!

 

 

 

 

デイズの4WDグレードの価格は?

 

デイズの売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

 

デイズには、標準系とプレミアム感を演出した「ハイウェイスター」系、さらにカスタマイズモデルの「ライダー」系および「ボレロ」系の4つのデザインラインが用意されています。

 

売れ筋グレードは当サイト独自の調査によると標準系NAエンジン搭載の上級グレード「X」となっています。

 

同グレードの2WD車との価格差は、12万960円となります。

 

デイズ X 2WD 1,289,520円
デイズ X 4WD 1,410,480円

 

約12万円という価格差は一見大きいようにも思えますが、4WD車は寒冷地仕様が標準となることを考えれば、割高な価格設定ではないでしょう。

 

 

デイズ4WD車と2WD車との仕様の違いは?

 

〇 デイズ4WDのボディスペック

 

スペック デイズ X 2WD デイズ X 4WD
全高(mm) 1,620 1,620
最低地上高(mm) 150 150
車両重量(kg)
840 890

 

4WD車の方が車両重量が50kg重い(Xの場合)ことを除けば、スペックは2WD車と共通です。

 

一般的に、4WD車はロードクリアランスを確保するため2WD車よりもフロアが高められているケースが多いのですが、デイズの場合は2WD車と同一なので、お年寄りが乗る機会が多い場合などは嬉しい点でしょう。

 

また、4WD車の場合床下にプロペラシャフトが存在しますが、それにも関わらず2WD車と同じ最低地上高を確保している点も特徴です。

 

 

〇 デイズ4WDの装備

 

前述のように4WD車のみに寒冷地仕様が標準化されていますが(2WD車はメーカーオプション設定または設定無し)、その内訳は運転席ヒーター付シート、ヒーター付ドアミラー、リヤヒーターダクト、PTC素子ヒーター、高濃度不凍液、寒冷地対応バッテリーの6点となっています。

 

 

デイズ4WDとライバル車との価格差は?

 

〇 デイズ4WDのライバル車は?

 

デイズライバル車 ワゴンR

デイズライバル車 ムーヴ

 

デイズ・Xとライバル関係にある車種&グレードには、スズキの「ワゴンR・ハイブリッドFX セーフティパッケージ装着車」とダイハツの「ムーヴ・X SAⅢ」の2台があげられます(※姉妹車種である「三菱・eKワゴン」と、安全装備面で見劣りする「ホンダ・N-WGN」は対象から除外)。

 

価格はそれぞれ139万4,280円、139万8,600円で、デイズ・G 4WDの141万480円と比較すると僅かに安くなっています。

 

 

〇 パワートレインの違いは?

 

スペック
デイズ X 4WD ワゴンR・ハイブリッドFX セーフティパッケージ装着車 4WD ムーヴ・X SAⅢ 4WD
最高出力(ps) 49
52
52
最大トルク(kgm)

6.0

6.1 6.1
車両重量(kg) 890
820
880

 

エンジンのスペックを比較すると、ワゴンRとムーヴがともに最高出力52ps/最大トルク6.1kgmであるのに対し、デイズは最高出力49ps/最大トルク6.0kgmと若干非力です。

 

さらに、デイズは車両重量が最も重いこともあり、実際の加速性能においても緩慢な印象は拭えません。

 

 

〇 装備の差は?

 

装備面を比較すると、シートヒーターが運転席だけでなく助手席にも付くほか、オートライトが標準装備されるのはワゴンRだけです。

 

アラウンドビューモニター

 

しかし、デイズも車両周辺の安全確認に威力を発揮する「アラウンドビューモニター」や、エンジンが暖まる前から温風が出るPTCヒーターが3車中唯一備わるなど、負けていません。

 

 

デイズ4WD車の実燃費は?

 

カタログ燃費と実燃費の差は?

 

デイズのX・4WD車の燃費性能は、カタログ燃費(JC08モード)が22km/L、当サイトの調査による実燃費が16km/Lとなっています。

 

達成率は72.7%で、カタログ燃費との乖離は平均的なところです。

 

 

4WD車と2WD車との実燃費の差は?

 

デイズのX・2WD車のカタログ燃費は、4WD車よりも3.8km/L勝っています。

 

一方、当サイトの調査によると実燃費は17.1km/Lなので、4WD車との差は1.1km/Lに過ぎません。

 

カタログ燃費よりも差が小さくなっているのは、ユーザーの交通環境の違い(4WD車は渋滞が少ない地域に住んでいるユーザーが多いなど)によるものと推測されます。

 

 

ライバル車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によると、ワゴンRハイブリッド4WD車の実燃費は23km/Lムーヴ4WD車の実燃費は17.8km/Lとなっています。

 

カタログ燃費で見劣りするデイズは、実燃費でも差を付けられています。

 

 

デイズ4WD車の雪道の走行性能は?

 

デイズの4WDはどんなシステム?

 

〇 デイズ4WDの概要

 

デイズに採用されている4WDシステムは、ほかの多くの軽4WD車と同様、性能はあまり高くない一方コスト面や小型軽量化の面で有利なビスカスカップリング式となります。

 

 

〇 デイズ4WDの制御

 

前輪がスリップすると、ビスカスカップリングの働きで後輪にもトルクが配分され、滑り易い雪道などでの走行をサポートします。

 

 

デイズの雪道での実際の走行性能は?

 

〇 デイズ4WDの発進・加速時

 

デイズ4WD 発進時 イメージ画像

 

2WD車と比較した場合、ことにアイスバーンなどの滑り易い路面での発進は大きく差を付けます。

 

前輪がむなしく空転してなかなか前に進まなかったり、左右どちらかに進路が乱されたりするようなこともなく、安定した発進・加速が可能です。

 

しかし、前輪がスリップしてから後輪に駆動力が掛かるまでに一瞬のタイムラグがあるため、ドライバビリティーは若干唐突なフィーリングとなります。

 

 

〇 デイズ4WDの登坂時

 

雪道の上り坂においても、2WD車との差は歴然としています。

 

一旦ビスカスカップリングが働いて4WD走行状態になってしまえば、電子制御カップリングを採用した4WD車と比べても登坂性能にほとんど差はありません。

 

一方、降坂時においては、電子制御カップリング式と異なり前輪のみにしかエンジンブレーキが効かないケースが多いので、車両重量が重い分2WD車以上に制動に気を使う必要があります。

 

 

〇 デイズ4WDの通常走行時

 

同じスタッドレスタイヤを履いた2WD車と比べれば、ずっと安定した走行が可能です。

 

しかし、前輪が滑る前に後輪へのトルク配分を行う電子制御カップリング式4WD搭載車(ホンダ・N-BOXなど)と比べると、雪道での走破性は一歩を譲ります。

 

また、エンジンが非力なので、雪面の情況によっては力不足が感じられてしまいます。

 

 

デイズ・4WDのまとめ

 

デイズ・4WD車の雪道での走行性能は、一般的にレベルが高いとは言えない軽4WD車(スズキ・ジムニーなど一部モデルを除く)全体の中でも、平均以下と言えるかもしれません。

 

しかし、2WD車と比較すれば遥かに頼もしいことに間違いはなく、記録的な大雪等でなければ「生活4駆」として必要な走行性能は持っています。

 

一方、燃費性能に関しては、軽4WD車としては決して良い方ではないので、経済性重視の観点からはおすすめできません。

 

結局、デイズ・4WD車の最大のメリットは、内外装デザインの好みなどを別にすれば、2WD車と変わらない乗降性や荷室の使い勝手ということになりそうです。

 

 

下取り車があるならデイズの総支払額を下げられる

 

デイズを安く買うなら値引きをしてもらう事ですが、もし下取り車があれば、新車の値引き以上にデイズの購入金額を下げる事が可能です。

 

やり方はとても簡単なので、是非実践してみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額にダマされるな!?

 

新車を買うなら、ディーラーで下取り車を査定してもらうでしょう。

 

ここで注意してもらいたいのは、「ディーラーの下取り金額は低く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ低く見積もるかと言うと、下取り車を安い金額でディーラーが取れれば、新車から値引きしても下取り車の利益で値引き分を補てん出来てしまいます。

 

また、後々下取り金額を上乗せして、「○○万円もアップしたのでお得ですよ。是非契約してください!」と新車契約を取るためのセールストークに使う事も出来ます。

 

以上のように、ディーラーには多大なメリットが生まれるわけですね。

 

 

ディーラーの下取り金額は上げられる!

 

実はディーラーの下取り金額は簡単に上げる事が可能です。

 

管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前、フィットシャトルを新車に買い替えた時に、査定してもらったディーラーの下取り金額は76万円でした。

 

ディーラーが下取り金額を低く見積もってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

近所の買取店へ持ち込んでも良いですが、買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の買取相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

表示された買取相場は、なんとディーラーよりも20万円高い金額でした。

 

次回ディーラーを訪れた時に、早速「買取店では96万円と言われましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

すると、「では特別に買取店さんと同じ96万円にします」とディーラーも金額を合わせてきました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで、20万円の上乗せに成功したので、やはりディーラーは下取り金額を低く見積もっているんだなと思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択も

 

20万円のアップに成功しましたが、査定サイトで申し込んだ買取店の査定も受けてみました。

 

正直期待していませんでしたが、ビックリの結果が待っていました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの下取り金額をさらに12万円上回る108万円で買取ってもらいました。

 

もし、ディーラーの言う通りに最初の76万円で決めていたら、32万円も損していたかもしれません。買取店にも査定してもらって正解でしたね・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

自分の車の相場を調べたり、ディーラーの下取り金額と比較するにも便利なサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

デイズの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのデイズ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がデイズを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のデイズの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>デイズ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2013-2018 日産 デイズを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com